商品ラインナップ

ヒノキチオールについて

森にもらった美しさ。高い安全性で、肌に力を植えつけます。

森が生み、科学が育てました。

ヒノキチオールは、1936年に野副鐵男博士により、タイワンヒノキの精油成分から発見されました。 当時、自然界には存在しないといわれてきた七角形の分子構造を持つこの化合物の発見は、化学史上に残る偉業として世界的に評価されました。1955年には、ヒノキチオールの工業的な抽出が始まりますが、この時、抽出用ボイラーを製作したのが、ヒノキ新薬の創業者、阿部武夫でした。 これをきっかけとして、翌1956年にヒノキ新薬を設立し、ヒノキチオールを薬効成分として配合した公定書外医薬品のピールオフタイプ・パックが世界に先駆け発売しました。
以来、自然の恵みと科学の知恵で肌の力を育てる医薬部外品のスキンケアとして多くの女性から支持されています。

効能とマルチシナジー。

ヒノキチオールの薬効は、山里の人々の間では古くから「ヒバの不思議」として知られ、ヒバの樹液が火傷や切傷の薬として利用されてきました。
ヒノキチオールの薬効は、
 ① 強力な殺菌・抗菌作用
 ② 炎症を鎮める優れた消炎作用
 ③ 強い皮膚浸透作用
 ④ 代謝を活発・正常化する細胞賦活作用
 ⑤ コラーゲン産生促進作用
 ⑥ メラニン生成抑制作用
 ⑦ サーチュイン(長寿)遺伝子活性化作用

などが挙げられます。
これらの薬効は、さらにお互いが協同しあってマルチシナジー(多機能相乗効果)を発揮。多角的、多面的に作用し、すこやかな肌の美しさを保ちます。こうした類いまれな薬効は、創薬をはじめさまざまな分野でも注目され、広く価値が認められています。

貴重な力をお届けしています。

ヒノキチオールは、意外にも、日本の檜にはほとんど含まれず、ヒノキアスナロ(青森ヒバ)や台湾ヒノキなど限られた木にのみ、わずかに含まれています。 ヒノキ肌粧品で使用しているヒノキチオールは、青森ヒバを製材するときに出るおが屑からとり出しています。 おが屑を水蒸気で蒸してヒバ油を採取し、そこから分離精製してヒノキチオールを抽出します。ヒバ油は、ヒバのおが屑から1%しかとれず、さらに、その中に含まれるヒノキチオールは、わずか1%ですから、2t車いっぱいのおが屑からとれるヒノキチオールは、わずか200gという計算になり、非常に貴重なものであることがわかります。