0120-344-112

ヒノキオンライン

出版物

バックナンバーのご紹介

Vol.40


Vol.40 2009年 華号

定価700円(税込)

特集 蔵のある町 増田

増田は、豪雪地帯として名高い秋田県横手盆地の南端にある小さな町である。
 かつてはmみちのく経済活動の要衝として栄え、明治から昭和初期にかけて多大な財を成した商人地主たちは、競うように贅を尽くして豪勢な蔵を建てた。
 その蔵は、雪害から守るために蔵全体がすっぽりと母屋で覆われた「内蔵」で、外側からは蔵が見えない独特のつくりだ。町の中心部の四百メートルほどの通りに四十数棟もの内蔵が集中し、「県南に増田あり」といわれた栄華の歴史を今に伝えている。雪深い里で、人知れずひっそりと時を重ねてきた蔵。毎年十月の「蔵の日」に、私たちはその「増田の秘宝」を目にすることができる。
 増田はまた全国有数のリンゴの産地で、かの「リンゴの唄」発祥の地でもある。三百五十年続く朝市や、郷土色豊かな祭り、四季折々の美しい風景など、増田は素朴で味わい深い魅力に富んだ町である。

■新春対談
  ゲスト:書家・紫舟さん
  ホスト:阿部武彦 ヒノキ新薬(株)代表取締役社長
■[特集]蔵のある町 増田
■くらしっくロードを歩く 増田の内臓
■蔵づくり 左官職人
■蛍町・増田 栄華の歴史
■禅宗の古刹満福寺と増田の史跡
■江戸時代から続く 増田の朝市
■四季折々の伝統行事
■リンゴの里
■「リンゴの唄」の発祥地
■800年の歴史の技 川連漆器
■増田育ちの自然素材で紙を漉く 成瀬和紙の里
■秋田美人の象徴 小野小町のふるさと
■秋田南部の味めぐり