0120-344-112

ヒノキオンライン

出版物

バックナンバーのご紹介

Vol.32


Vol.32 2007年 木号

定価700円(税込)

特集 鉄とのデュエット

鉄は、人類が手に入れた最高のマテリアルといわれる 。
人は大地に眠る石や砂から鉄を発見し、知恵と技によって
無限の可能性を紡ぎ出してきた。日本では、古代から続く
「たたら」製鉄の発達とともに、独自の鉄文化が
花開いた。鉄を鍛え、鉄に命を吹き込む、
日本古来の鉄の民のこころは、今もさまざまな
かたちで息づいている。伝統の技を受け継ぐ鍛冶師や鋳物師に。
最先端産業を支える町工場の職人に。また、自由な感性で
個性豊かな鉄の作品を創造する作家たちに-。
そうして、鉄は今、広く、深く、私たちの生活を支えている。
はるか四千五百年前に始まった”鉄器時代”は、現在、
爛熟期を迎え、さらに進化した未来の鉄の誕生は、
新たな鉄の時代の始まりを予感させる。

■奥出雲 たたらの里
■古代の製鉄法を今に伝える日刀保たたら
■玉鋼を打つ刀匠の神技
 鍛冶師・吉原義人
■釘に千年の命を吹き込む
 鍛冶師・白鷹幸伯
■鉄の響きは宇宙の調べ
 伝統工芸師・明珍宗理
■南部鉄器の魅力
 鋳物師・十五代 志衣子盛久
■「なんでもつくる」鉄のチャレンジャー
 金属造形家・倉田光吾郎
■スイングする鉄
 造形作家・徳持耕一郎
■ファンタジックな鉄
 アレゴリーアーティスト・江口真代
■家庭刃物の町 播州小野
■鉄で元気になる!
■最先端産業を支える職人たち
■町工場から世界にはばたく熟練の技
■鉄の文化史
■未来の鉄「超鉄鋼」