ヒノキ新薬株式会社 ヒノキ新薬ホームへ
お取引き希望の方へ リクルート 会社概要 リンク集 お問い合わせ
ヒノキコンパス 商品のご案内 出版物 お試しセット 研究所・工場 商品のご購入
ヒノキとは

肌粧品の紹介
ヒノキチオールについて
Q&A
肌粧品の紹介
森が生み、科学が育てました。
ヒノキチオールは、1936年に野副鐵男博士により、タイワンヒノキの精油成分から発見されました。
当時、自然界には存在しないといわれてきた7角形の分子構造を持つこの化合物の発見は、化学史上に残る偉業として世界的に評価されました。
1955年には、ヒノキチオールの工業的な抽出が始まりますが、この時、抽出用ボイラーを製作したのが、ヒノキ新薬の創業者、阿部武夫でした。
これをきっかけとして、翌1956年にヒノキ新薬が設立され、ヒノキチオールを薬効成分として配合した公定書外医薬品のピールオフタイプ・パックが世界に先駆け発売されました。
以来、自然の恵みと科学の知恵で肌の力を育てる医薬部外品のスキンケアとして多くの女性から支持されています。
4大効能とマルチシナジー
ヒノキチオールの薬効は、山里の人々の間では古くから「ヒバの不思議」として知られ、樹液が火傷や切傷の薬として利用されてきました。
その薬効は、
 1)強力な殺菌・抗菌作用
 2)炎症を鎮める優れた消炎作用
 3)強い皮膚浸透作用
 4)細胞の新陳代謝を活発にし正常化する賦活作用
の大きく4つに分けられます。
これらの効能は、さらにお互いが協同しあってマルチシナジー(多機能相乗効果)と呼ばれる高い効果を発揮。多角的、多面的に作用し、すこやかな肌の美しさを育てます。こうした類いまれな効果効能は、医療分野でも注目され、広く価値を認められています。
美白作用にも優れています。
ヒノキチオールには、適度な濃度の配合により、しみ・そばかすの生成を抑える美白作用もあります。細胞賦活作用によりターンオーバーが正常化され、メラニンの排出がスムーズになって美白作用が発揮されますが、さらにしみ・そばかすの生成そのものを抑える働きもあります。しみ・そばかすは、黒褐色の色素メラニンの沈着が原因です。メラニンは、アミノ酸(チロシン)に酵素(チロシナーゼ)が作用して作られますが、ヒノキチオールはこの酵素の活性を抑える非常に優れた働きも持っているのです。
貴重な力をお届けしています。
ヒノキチオールは、意外にも、日本の檜にはほとんど含まれず、ヒノキアスナロ(青森ヒバ)や台湾ヒノキに多く含まれます。
ヒノキ肌粧品で使用しているヒノキチオールは、ヒノキアスナロの製材のときに出るおが屑からとり出します。
おが屑を水蒸気で蒸してヒバ油を採取し、そこから分離精製してヒノキチオールを抽出します。ヒバ油は、ヒバのおが屑から1%しかとれず、さらに、その中に含まれるヒノキチオールは、わずか1%ですから、2t車いっぱいのおが屑からとれるヒノキチオールは、わずか200gという計算になり、非常に貴重なものであることがわかります。


お問い合わせフリーダイアル0120-344112 ヒノキ新薬株式会社
〒102-0084 東京都千代田区二番町9-6
TEL 03-5212-3592 FAX 03-5212-3599

当ホームページに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。